ヴェグラス ドットコム

トップページ > 雑草図鑑(緑地・芝生) > イボクサ

イボクサ

雑草名 科名 学名 生活型 生育地 繁殖
器官
類似草種
別名 ( )
イボクサ ツユクサ科 Murdannia
keisak
1年生

広葉雑草
湿地

水田
種子

イボクサ[ツユクサ科]
Murdannia keisak

ツユクサを小型にしたような植物で湿地や水田の畦に生え、茎は赤みを帯び、枝分かれして横にはう。
葉は長さ2~6cm基部は鞘状になっていて茎を抱く。
9~10月に直径約1.3cmの淡紅色の花が1個つき、1日でしぼむ。
葉や茎の汁をつけるとイボが取れるといわれて名付けられた。

イボクサ
生育の様子

イボクサ
9〜10月に直径約1.3cmの淡紅色の花がつく