ヴェグラス ドットコム

トップページ > 雑草図鑑(緑地・芝生) > クスダマツメクサ

クスダマツメクサ

雑草名 科名 学名 生活型 生育地 繁殖
器官
類似草種
別名 ( )
クスダマツメクサ マメ科 Trifolium
campestre
1年生

広葉雑草


道端

牧草地

荒地
種子 コメツブツメクサ

コメツブウマゴヤシ

別名

(ホップツメクサ)

クスダマツメクサ[マメ科]
Trifolium campestre

西アジア、北アフリカ原産の帰化植物。
茎は細く伸びてよく分岐し、高さ50cmほどになる。
花期は6ー8月にかけてで、1つの花序に20個以上の黄色い花をつける。
コツブツメクサと似ているが花序の大きさ、茎が立ち上がって高くなることから区別することができる。
また、コメツブウマゴヤシは葉に毛が多く、花が終わると花弁が落ちる。


生育の様子


1つの花序に20個以上の黄色い花をつける