ヴェグラス ドットコム

トップページ > 芝生病害図鑑 > 雪腐病 雪腐大粒菌核病

雪腐病 雪腐大粒菌核病

雪腐大粒菌核病

芝草種:ベントグラス
学名:Sclerotinia borealis Bubak et Vleugel
英名:Sclerotinia snow blight

病徴

融雪後のシバ茎葉は枯死する。
枯死した茎葉基部に黒色ねずみ糞状あるいはやや大型で扁平状の菌核を形成する。
発病個所は全面的に不規則なパッチとなる。
秋期には、菌核上に茶褐色のロート状の子のう盤を形成する。

発生生態

秋10月中下旬に形成された子のう盤から胞子が飛散し、シバに着生する。
根雪中で健全葉に傷口や気孔から侵入し、病斑を形成する。
病斑の進展は−2℃が最大で、+5℃では進展しない。

したがって、冬期間の積雪量が少なく、比較的地温が低い、すなわち凍結期間が長い地帯に発生が多い。
3月茎葉中に形成した菌核は耐久器官として越夏し、秋期の感染源となる。
主に北海道で発生するが、凍結期間の長い地域に発生する。

防除

1)耕種的防除法は紅色雪腐病の項に準じる。

雪腐大粒菌核病:融雪後、罹病葉に形成した菌核
雪腐大粒菌核病:融雪後、罹病葉に形成した菌核[荒木 原図]